負けるな日本!被災時に生き残る為の様々な術をまとめたwikiSystem

ネットを利用したパーテーション

パーティションについて

ネットを利用したパーテーション

Villanet

震災+designのウェブサイトより転載

作者名
松迫崇道 (千葉大学)
中澤亮惣 (千葉大学)

課題 : 他人との近すぎる距離感、遠すぎる関係性
アイデア : 距離を加減できるネットパーテーション

着目したのはネットという素材。頭上に吊るされたワイヤーにかかった一人一枚のネット。この半透明な仕切りは、洋服をかけて簡易目隠しにしたり、大きめのタオルをのせて天井光を遮ったり、自分の必要に応じたゆるやかなプライバシー空間を生み出します。それらが交互に繰り返され、縦に繋がる長屋を形成し、自然とお隣さんを生み出し、ウチガワにいる安心感を演出します。

※体育館などにある仕切り用のネット(緑色のことが多い)を利用するなどして応用すれば、いろいろなプライバシー空間をつくれる。

画像の説明



コメント


認証コード(4418)


powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional