負けるな日本!被災時に生き残る為の様々な術をまとめたwikiSystem

ミニ キャンプ用ストーブ

防寒について

ミニ キャンプ用ストーブ

http://www.instructables.com

Lazyman's Mini Camping Brazier by wobbler から翻訳 @Rio_1

無精者Wobblerの “ミニ” キャンプ用ストーブ

画像の説明

これは、無精者Wobblerが考案した、放浪者用ストーブ/ミニキャンプ用の火鉢を作るための方法です。どこにでもある安くて工作の手間のかからない部材をかき集めるだけで十分です。

ステップ1:部材

画像の説明

ステンレススチール製のキッチン用具ホルダーを一つ。(訳者注:これがミソのようです。)

画像の説明

キッチン用具ホルダーの穴にフィットする4組のボルト(2インチ≒5センチ長)とナット。

ステップ2:

画像の説明

脚を4本作るため、内部から外側へ4か所、等間隔にボルトを入れてください。

ステップ3:

画像の説明

さぁ、準備完了だぜ。

ステップ4:

画像の説明

着火用の紙を敷きます。無精者Wobblerは、いわゆるキッチンペーパーと呼ばれている特製の着火材を使用。w

ステップ5:

画像の説明

その辺にある木材を詰め込む。ここでは無精者Wobbler向けのプレカットの薪を使用。

ステップ6:

画像の説明

着火材の紙に点火。無精者用の着火剤(キャップ一杯の灯油)を上からかけておきましょう。

ステップ7:

画像の説明

このキャンプ用ミニストーブは、燃え尽きるまでの間、約15-20分間は燃え続けます。大きさの割に発熱も多く、また燃焼中の煙が少ない。炎が下がりながら燃える?ので、簡単に燃やし続けることができる。
もっと持ち運びやすくしたければ、脚部のボルトの締め付け用にウイングナット(蝶ねじ)を使用するのがお勧め。より満足を得るために、ボルトを受けるための穴をあけた鋼鉄製のプレートを用意し、ストーブの基台として使用することで、草地へのインパクトを減らせるし、安定感を得ることができる。
まだ石炭では試していないけど、たぶんうまく使えるんじゃないかな。で、何でその辺に転がっているタダの空き缶を使わないかって? それは、ステンレスのほうが半永久的に使えるし、より薄いから。加えて、どこでももほんとに安く買えるし、とにかく余計な作業が不要だからね。
このストーブは料理用にほしかったのではなく、単に小さく燃える炎を得たかったというわけ。地面に直火じゃないから、多くの場所で長い時間、炎を燃やすことができる。また一方で、ストーブをボルトオンできるプレートを用意すれば安定感が増すし、ストーブの上に載せて簡易ポットホルダー?にすることもできる。






認証コード(5832)


powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional