負けるな日本!被災時に生き残る為の様々な術をまとめたwikiSystem

道具を使わずにナイフを作る

日用品について

道具を使わずにナイフを作る

http://www.instructables.com
Knife Making Without Tools by TimAnderson より文章を翻訳、一部加筆して転載/画像転載。

バターナイフや金属片を濡れた舗道でこすり、柄をひもで包んでナイフを作る方法を紹介します。

※怪我をしない/させないようくれぐれも注意してください!

用意するもの

  • バターナイフ、または金属片(のこぎりの刃や他の金属も使えます。)
  • ひも(太めと細め)
  • (以下できれば:はさみ、ドリル、カウンターシンク、紙やすり、ライター、ペンチ)

手順

※注意:道具を用いたオプショナルのステップも紹介します。

純粋な「道具なし」のナイフ作りを知りたい方は道具を使った手順(手順1~3)を飛ばして下さい。

  1. オプショナル:柄の上端・下端にドリルで穴をあける
    これらの穴は柄を包むひもの端を入れるためのものです。なくても柄の包装にほとんど違いはありません。

  2. オプショナル:皿穴を開け、穴を滑らかにする
    カウンターシンク(皿取り錐)と紙やすりを使います。これで穴の淵のギザギザでひもや手を傷つけることを防ぎます。

  3. オプショナル:ひもの先をライターの火で溶かし、先を細くする。
    こうすることで穴にひもを通しやすくなります。
    溶けたプラスチックが付着し、やけどしないように指をぬらしておいて下さい。写真は8/1インチのナイロン製のひもです。
    湿ってもゆるまないため、ポリエステル製の方がより良いでしょう。
    File not found: "Optional-Melt-and-Taper-the-Cord-End.jpg" at page "道具を使わずにナイフを作る"[添付]
    http://www.instructables.com/id/Knife-Making-Without-Tools/step3/Optional-Melt-and-Taper-the-Cord-End/

  4. 柄を包む
    ひもがナイロン製なら、まず湿らせましょう。綿や他のセルロース繊維製なら必ず最初に乾かしてください。
    ナイロンは乾いたときに縮み、綿は湿ったときに縮むからです。
    ドリルで穴を開けていたら、片方の穴にひもを入れ数センチ、柄の部分にひもが出ているようにしてください。
    穴を開けるステップを飛ばしていたら、単にひもの先を数センチほど柄の部分に置きましょう。
    そしてその柄の上にあるひも部分も一緒に、柄をひもで包み込んでいってください。
    柄の半分くらいまで、ひも(太めの方)を巻きつけます。
    File not found: "FH6NNC4FB7FPN8F_MEDIUM.jpg" at page "道具を使わずにナイフを作る"[添付]  File not found: "Start-Wrapping.jpg" at page "道具を使わずにナイフを作る"[添付]
    http://www.instructables.com/id/Knife-Making-Without-Tools/step4/Start-Wrapping/

  5. 輪っかを置く
    ここでひもの尻尾(終わり部分)を、まきつけたひもの下を通して引っ張り出す方法を準備します。
    細いひもで輪っかを作って柄に置き、その上からひもを巻きつけていきます。
    ※輪っかの先が巻きつけたひもから出ているようにしてください。
    File not found: "image0039.jpg" at page "道具を使わずにナイフを作る"[添付]
    http://www.instructables.com/id/Knife-Making-Without-Tools/step5/Lay-Down-a-Loop/

  6. ひもの先を輪っかに通す
    柄の最後まで巻きつけ、穴をあけていたらそこにひもの終わり部分を入れて下さい。
    穴のあるなしに関わらずひもの終わりを輪っかに通してください。
    File not found: "Put-the-Tail-in-the-Loop.jpg" at page "道具を使わずにナイフを作る"[添付]  File not found: "F8WYM20FB7FPN8Q_MEDIUM.jpg" at page "道具を使わずにナイフを作る"[添付]
    http://www.instructables.com/id/Knife-Making-Without-Tools/step6/Put-the-Tail-in-the-Loop/

  7. 引っ張る!
    柄の中ほどに出ている輪っかの先を引っ張り、まきつけたひもの下からひもを引き出します。
    輪っかに何かひっぱれるものを巻きつけ強く引いて下さい。
    File not found: "Pull.jpg" at page "道具を使わずにナイフを作る"[添付]  File not found: "F8RKMV0FB7FPN9Z_MEDIUM.jpg" at page "道具を使わずにナイフを作る"[添付]
    http://www.instructables.com/id/Knife-Making-Without-Tools/step7/Pull/

  8. ひもを強く引っ張る。
    あればラジオペンチなどを、なければ棒を使いましょう。出てきたひもの先(輪っか状)に棒などを用いて、この要領でひもを引っ張り、緩みをなくすようにギュッと締め付けてください。
    File not found: "Pull-the-Tails-Tight.jpg" at page "道具を使わずにナイフを作る"[添付]
    http://www.instructables.com/id/Knife-Making-Without-Tools/step8/Pull-the-Tails-Tight/

  9. 柄の部分は完了
    ひもの先をできるだけ短く切り、残ってしまった部分は包んでいるひもの中に押し入れてください。

  10. 刃をデザインする
    刃をどんな形・長さにするか決め、印をつけ、その形に傷をつけます。

  11. 刃を鋭くさせ荒仕上げをする。
    舗道やセメント、コンクリートなどにこすりつけ、刃を鋭くさせます。
    できれば少し霧雨がふっていて舗道が濡れているといいです。欲しい長さで折れるまで刃を歩道の縁石の端にこすり付け、それから刃が鋭くなるよう研ぎます。
    より良く仕上げたければ滑らかなコンクリートを探してください。あるいは岩かセメントのかけらを
    研磨材として使おうとしているコンクリの表面にこすりつけて、まずはそれを滑らかにしてください。
    岩、れんが、壊れた植木鉢、その他陶器類なら何でもよい研磨材となります。固い、ぬれたビーチの砂も驚くほどよい研磨効果があるのです。
    File not found: "FA85WJVFB7FPNBT_MEDIUM.jpg" at page "道具を使わずにナイフを作る"[添付]
    http://www.instructables.com/id/Knife-Making-Without-Tools/step8/Pull-the-Tails-Tight/

  12. ナイフのできあがり
    刃を研ぐ方法のデモンストレーションや紙のさやの作り方はこちらで見られます。

ナイフは1時間もかからずにできるでしょう。どうぞ安全に使ってください!



コメント


認証コード(8884)


powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional